業界ニュース

さまざまな種類のソーラーモジュール(1)

2021-12-01
単結晶シリコン(ソーラーモジュール)
単結晶シリコン太陽電池の光電変換効率は約18%、最高は24%と全種類の太陽電池の中で最高ですが、製造コストが高く、広く使用することはできません。単結晶シリコンは一般に強化ガラスと防水樹脂でカプセル化されているため、耐久性があり、最大25年の耐用年数があります。

ポリシリコン(ソーラーモジュール)
ポリシリコン太陽電池の製造工程は単結晶シリコン太陽電池と同様ですが、ポリシリコン太陽電池の光電変換効率ははるかに低く、光電変換効率は約16%です。製造コストの面では、単結晶シリコン太陽電池よりも安価です。材料は製造が容易で、消費電力を節約し、総製造コストは低くなります。したがって、それは大きく開発されました。さらに、多結晶シリコン太陽電池の耐用年数は、単結晶シリコン太陽電池の耐用年数よりも短い。性能価格比の点では、単結晶シリコン太陽電池はわずかに優れています。

アモルファスシリコン(ソーラーモジュール)
アモルファスシリコン太陽電池は、1976年に登場した新しいタイプの薄膜太陽電池です。単結晶シリコンや多結晶シリコン太陽電池の製造方法とはまったく異なります。プロセスが大幅に簡素化され、シリコン材料の消費量が少なく、消費電力が低くなります。その主な利点は、弱い光の条件下で電気を生成できることです。しかし、アモルファスシリコン太陽電池の主な問題点は、光電変換効率が低く、国際的な先進レベルが約10%であり、十分に安定していないことです。時間の経過とともに、その変換効率は低下します。